【コスパ重視で選ぶ】5000円以下のおすすめのペット用監視カメラ

以前留守番中に愛犬がマカデミアナッツを食べてしまったことがありました。マカデミアナッツは絶対に犬食べさせてはいけない食べ物の一つです。顔面蒼白で救急病院に行くと獣医師さんから

「何時に食べたのか?」

「食べてからどれくらい時間が経っているのか?」

を聞かれましたが全くわからずカメラをつけておけば良かったと激しく後悔したことがあります。そもそもカメラを通じて話しかけることができたならナッツを食べることを防げたかもしれません。

不幸中の幸いにもその後のナッツの影響はなく、すぐに監視カメラを導入しました。

そこで今回はリーズナブルに設置できるペット用監視カメラのオススメを紹介します。

まずは監視カメラを選ぶポイントを抑える

監視カメラと一言でいってもスマートフォンのアプリから高機能なものまで様々です。まず始めにどのような観点で選ぶべきかを抑えましょう。

月額費用がかからないものを選ぶ

Photo Credit: lizzieisdizzy Flickr via Compfight cc

監視カメラの中には初期費用が安いものや無料といったものがありますが、多くは月額で費用がかかるものがあります。短期的に見ればそこまで大きなものではありませんが、数年単位で見ると結構なコストがかかります。

監視カメラを導入するとわかりますが、実際ペットがあまり動かなくて、そこまで高額なものは必要なかったということがあります。冒頭で伝えた通り何かがあった際に役立つものなのでそこまで大きなコストをかける必要はありません。カメラの初期費用は仕方がありませんが、月額費用が発生するものは購入前に慎重に検討しましょう。

声掛け機能があるものを選ぶ

Photo Credit: Highway0311 Flickr via Compfight cc

ペットとの信頼関係があることが前提ですがペットのイタズラをストップさせるためにカメラを通じて声を掛けできるかどうかを確認しましょう。

よくペット用監視カメラの販売プロモーションのための動画に、留守番中のペットとカメラを通じて話しかけることでペットとの不安が和らぐといった演出がありますが、万人におすすめできるコミュニケーションではありません。

犬種の知能や性格にもよりますが、飼い主の声が聞こえるにも関わらず会えないことがストレスを与えるケースもあります。我が家のペットがまさにそうで、留守番中に声をかけたことでずっと泣いてしまったことがありました。そのため話しかけるのはイタズラをやめる時に留めています。

広範囲に撮影できるものを選ぶ

Photo Credit: cristiii48 Flickr via Compfight cc

買ってみるとわかりますがペットは家を結構動いているので、カメラを設置した場所に映るとは限りません。なるべく広範囲に撮影できるものを選ぶほうが良いです。

おすすめの監視カメラベスト3を紹介

それではオススメの監視カメラを3つ紹介しましょう。

3位 モニターカメラ

ipカメラ SMONET ベビーモニター見守り ネットワークカメラ 遠隔監視・防犯システム wifi留守番カメラ 動体検知 ワイヤレスIPカメラ 1080P Full HD 200万高画質 防犯監視カメラ ペット/子供/論じ介護 室内スマートカメラ 双方会話・スマカメナイトビジョン暗視機能 SDカード対応 ホワイト
SMONET

低価格、広範囲、声掛けの条件が揃ってるだけでなく暗視カメラ機能があるので暗いシーンでもペットを見守ることができます。

機械音痴なので、昨日届いて設置しました。問題なく使えています。
出先からスマホでカメラ角度を変えると可動部が少し音がするので、ペットがびっくりしてカメラの方を見ます。
驚かすのは申し訳ないですが、顔をしっかり見れるのでそれはそれで。
夜、暗い中でも暗視カメラは予想以上に映ります。
録画もアプリ内で3日までは記録してもらえて、いつ動いているかも一目瞭然。
ペットの状態を確認するものとしては十分に機能を果たせます。おすすめ商品です。

2位 softbank selectionモニターカメラ

【正規代理店品】Petcube Camera ペットカメラ Wifi対応 【 スマホで映像確認】【レーザーポインタで遊べる】 見守りカメラ 写真動画撮影機能 音声センサー / マイク ・ スピーカー付
Petcube

基本機能も揃えており値段もリーズナブルです。Amazonのペット用監視カメラのなかでも売上ナンバーワンなのでおすすめです。

様々なレビューが飛び交っているので、不安でしたが値段も値段なのでダメ元で購入しました。結果、いい意味で裏切られました。私の環境では電源を切ったりWiFiルーターの電源を切っても、再投入後しばらくすれば復帰します。

簡単な監視用途ですが、画質も問題なく、夜間でも問題なく認識できます。この価格からは考えられない性能です。もちろん、細かい設定や常時録画等が必要であればこの機種は力不足ですが、簡単な監視や通知が来た際にこちらから覗く程度でしたら十分です。iPhoneで使用していますが、動体検知で通知も数分で届いています。追加で購入しようか悩むくらいでした。

1位 余ったパソコンやスマフォで自作

Photo Credit: cristiii48 Flickr via Compfight cc

我が家で採用している方式です。余ったスマートフォンやカメラ付きのノートパソコンとネット回線があることが前提ですが費用がかからずおすすめです。方法は簡単でパソコンのブラウザでappear.inというインターネットサービスを開くだけです。URLを入力すると自動的にネット電話ができるようになります。

このURLを外出先のパソコンやスマフォに入力するとペットの様子を観察できるようになります。スマートフォンから見る場合はアプリをインストールすれば大丈夫です。

appear.in

appear.in

posted withアプリーチ

 

ちなみに私のノートパソコンカメラは広範囲に撮影できなかったので、USBのカメラをクリップにつけて撮影をしています。5000円以下で設置可能です。

 

今回この記事を書くにあたって、ペット用監視カメラを購入した人30人ぐらいの意見を聞いたんですが共通するものとしては

・購入したがカメラを見ても変化が無かった

・家のなかを動くのでカメラに映らなかった

・何かあったときにカメラを見ても何もできなかった

という発言がありました。そのためそこまでコストをかけずに広範囲に声をかけられるものを選ぶのがおすすめです。

それでは楽しいペットライフを!